弁当作成にも「春休み」ありでいいですか?

高校生の息子くんに、毎日お弁当を作っております。
めっちゃ簡単な「肉詰弁当」ばかりなのですが、私の料理スキル的には上出来でありまして。栄養は1日(3〜4食)単位で考えているので、肉ばっか弁当でもいいんだもん、と言い訳ではなく説明(苦笑)
 
今日はこんなお弁当でした。

できたよーって、食卓に出したところ
「今日でお弁当も最後です。1年ありがとうございました。」と息子から。
へ?と思いきや、そっかぁ、今日で学校終わりやん。家族全員で「マジっ?!」と叫びました。早いね〜私学は。
そこですかさず夫が発言。

夫の一言、悲痛の叫び

 
ダメじゃん!
 
今日で終わりとか、ありがとうとか、ダメダメ。
 
明日から俺の弁当までなくなっちゃうだろー。
 
私:・・・ (  ̄っ ̄)
 
私:あ、確かに( ̄▽ ̄)!
 
言い忘れましたが、毎朝「息子の分」「夫の分」弁当は2個作成しておりました。
 
息子終了により、面倒くさがり屋の私は自然と弁当制作の春休みに突入するでしょう。
 
ま、それは仕方ないということで。世の母親だって、春休みは欲しいものです。休日のない家事の中から、これくらいの春休み許してもらいたいですわ(笑)
 
さあ、明日はどうしようかなぁ (・∀・)ニヤニヤ
 
ちなみに、夕方には娘のお弁当を作っている、わ・た・く・し♪
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です