すぐ検索したくなる習性を生かし、新聞を楽しく読ませることができました(朝小新聞)

朝日小学生新聞を購読しています。
祖父母から子ども達への「知的プレゼント」です。
離れたところに住む孫などに、新聞を読んでほしい、でも料金は贈る側が負担したいという場合に利用できる「朝学ギフト」というサービスだそう。
ありがたいです。
 
http://www.asagaku.com/gift/
 
毎日届く新聞ですが、やはり子どもたちは進んで読むことはないのよね。トホホ。郵便受けから取ってくる、これだけは死守している感じ。
でもここで、強要するのも私らしくないでしょう?
自ら読まないなら、なんとかする方法はないかと、ちょろりと考えてみるわけです。怒るの嫌い、面倒臭い。その代わり、考えるの大好き、お金もかかんないし∵ゞ(´ε`●) ブハッ!!
 

子どもに何とか読んでもらうために

 
んで、結局・・・
 
私が読んでいます(笑)
 
あのね、時間がない子育てママには大変役立つ新聞だと思うんだ。

  • 注目の出来事をピックアップしてある
  • すべての漢字にふりがながある
  • ページが少ない
  • 天声人語も簡単にしてある
  • 学校・教育・書籍など子供に与えたい情報もたくさん(広告がこのジャンルのみ)

 
薄いから、ささっと目を通せるのがいいのよ!
 
普通の新聞って、難しいし、字は小さいし、ページが多い上、広告ばっかだし
気合い入れないと読めないんですよね。はい、私はもともと読書嫌い(・∀・)ニヤニヤ
 
写真や絵がたくさんあるものが好きさ。
そんな私には小学生新聞くらいがちょうど良い!
 
これは!というキーワードは、辞書引かなくても、説明してあるのがいいのよね〜
 
そして我が家では、母が読んでから「これは息子向けね」「娘向けね」とおすすめ記事・おすすめ特集を読ませています。話題にしています。
 

自ら読まずともまあok

何事も、子どもに求める時の
ハードルは低く低く
 
なんでも自分からやって欲しいなんて、思う方が傲慢ちゃう? とおもちゃうこんな母。私だってできないこといっぱいあるし〜、いちいち叱られたくないし〜ってとこです。
 
読ませる時間は3分くらい。
 
毎日でなくてもいいので、その3分をどこかで作ろうと頑張ってます。ここだけは努力するの。
でもね、意外とその3分が10分15分になるんですよ。
イヒヒ、母の戦略にはまる我が子たち。
 
昨日も、「法律家が南極観測隊に参加。なぜ法律家が?夏の南極は基地からの電気・ガス配管がむき出しで工事現場のよう。」の記事を息子に勧めました。ご飯を食べた直後だったので、まだほっと一息つきたいタイミングゆえ、嫌がらず手に取ってくれ、目を通します。
 
タイミングよね。
 
チラ見していたのですが、なんだか面白くなってきた模様。
 
そりゃそうだ。君が興味を持つような内容をピックアップしてるんだもん
 

検索君発動

1面に書いてあった記事を読みきると、おもむろにipadを取り出し何かを調べています。

  • 南極の夏って気温何度なのかな?
  • いつも氷点下じゃないんだね
  • 最高17度になることもだって
  • 南極条約ってどこの国が参加しているのかな
  • 南極ツアーってあるんだ
  • 料金いくらかかるのかな

うふふふ、疑問が溢れ出して、調べずにはいられないご様子。
 
今は、検索の時代じゃないですか。
 
「スマホやタブレットが大好き」 &「すぐに検索したくなる習性」
 
これををくすぐることができれば、眠っている興味の花はすぐに咲くような気がした一件です。
 
おーほほほほほ、母の罠にかかる子供達を見るたびに超絶嬉しい私でした。
+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハ

Follow me!