制作兄と制作女子の作品をとっておくか、処分するか、母は悩む

こんにちは自称「スペースに悩む女」うがいです。

子どもの持ち帰り品の置き場・取り置きで悩んでいる方は私だけではないと思います。これぞ、世の母親の共通の悩みだ!そう言っても過言ではないかと。

 

口を出す、手を出す、勝手に自分もやる

私、図画工作好き。決して上手ではありません。小中学校の頃、授業中は課題に悶絶しておりました。大人になってからこそ、気ままにできる図画工作に隠れていた才能(=好き)を発揮し楽しんでおります。もっと早く出てきて欲しかった才能ですW

 

まあ、図式としては

 

我が子の図画工作に口を出す、手を出す、勝手に自分もやる

 

これなのですが。

 

そのため我が家では
・工作
・お絵描き
・美術館博物館通い

日常の遊びです

 

その血がぞわ~~~っと湧き立つのが、近所の工務店さんが企画してくれる「木工制作体験」です。

o0500036813461825513

娘です。もう夢中

こんなのできました。

o0500035713461825515

 

めちゃくちゃ褒めてあげます。工作は、発想をフル回転させて遊ぶ遊びです。出来を大人がどう思うかでなく、一生懸命考えて作り上げたこと、それが褒めるに値することだと思います。

しかも、「できた〜!」と最後まで作り上げたならなおさら。

仕上げる。それを体験できたこと大事ですよね。やっぱ、褒めまくりです。

 

昨年はこんなのできました

 

IMG_1028

 

ドングリや松ぼっくりがいっぱい。素敵ね。

 

 

一昨年はこんなの・・・

 

IMG_1024

 

その前も・・・

その前は兄が・・・

 

我が子たちは、これら傑作品を捨てるなと言う。

 

・・・

(-_-メ

邪魔だぁぁぁ!!!

 

 

工作の品は持ち帰り後が大変

工作は大好きなんだけど、そのあとが大変。。。狭小マンションに住む我が家の、最大の悩み・格闘・喧嘩のタネです。終わったテスト用紙だって、置くところなくて処分するのにこの立体物。増え続ける。。。

工作好きだけど片付け好きうがいの苦悩をご想像くださいませ。

  • 子どもにとっての記念品
  • 子どもにとっての思い出の品

 

あぁぁ、おかたずけ魔の私にとっては、ピーーーーーーーー(以下自粛)

 

 

コソコソ話で、、、
もっと作りたいから捨てるってありかしら?
~きっとダメよね(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です