クリスマスイヴ

ありがたや、土日のクリスマス。いつもはいない夫が、家族のクリスマス会に存在しております。

xmas

 

本日は早めのパーティをしました。ケーキの受け取りは14時、パンが焼き上がる時間は14時半に設定。最近はまっている生春巻きを、娘と夫が作り、私は生ハム+ラ・フランスを仕込みます。一時は、「家族全員揃うなんてもうないかもしれないからレストランでも予約しようか」なんて話しておりましたが、特別な時期の特別なメニューの高額さに首を横に振ることとなり断念。

ちなみに、昭和の時代には、クリスマスは「家族で過ごす」行事だったそうです。とある頃から「恋人と過ごす」行事と変わっていったとか。当時のCM・歌・テレビドラマにもその変異が見て取れるんだそうです。松任谷由実さんや山下達郎さんの楽曲やら、内館牧子さんの脚本やらが変えていったんでしょうな。

 

参照:マツコの知らない クリスマスソングの世界

http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/archive/20161213.html

その名残なのか、レストランのクリスマスメニューは軒並み恋人同士の特別な夜料金(笑)家族じゃ出せないわよーと、そう思ってしまううがいです。

そんな我が家のクリスマスケーキは、昨年の「マツコの知らない クリスマスケーキの世界」の影響を受けはまってみましょう〜と意見の一致を見た「セブンイレブンのかまくら」です。

kamakura2016

出典:http://www.sej.co.jp/products/christmas/products.html

 

1996年に発売されて以来、大人気の『かまくら』。生クリームで覆われたドーム型のケーキです。生クリームの下はスポンジケーキとババロア。さらに中心部に苺と苺ソースが入っています。2015年は29万個の販売実績と。すっかり定番、大人気ケーキですね!

 

このケーキを平らげ、17時にはパーティ終了。そのあと、子供達と私はピコ太郎の動画鑑賞。PPAPのアナザーソング「カナブンブーントエビインビーン」にどハマり。大爆笑にて、何度も再生視聴。そして疲れて眠りこけ。20時まで家族4人眠りこけました。

あーあ、夜は夜でクリスマスイルミネーションでも見に出ようかと思っていたのに。

そこから録画していたフィギュアスケート全日本選手権を視聴。トータル4時間半。前半は女子のショートプログラム、後半は男子のフリープログラム。荒川静香さん執筆のガイドブックを片手に、ジャンプの見分けに夜中まで挑戦。これがまた難しくて。盛り上がりました。

そんな、サクサク早いような、うだうだなような、楽しいイブでございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です